【リペアレポ】スノーピークのシュラフクリーニングサービスを利用してみた

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、kyan(@sumibi_kyan)です♪
本日は、手持ちのオフトンをスノーピーク社のシュラフクリーニングサービスを利用して、ピカピカにしていただいた時の話をお送りします。

スポンサーリンク

スノーピークのシュラフクリーニングサービスを利用してみた

経緯

セパレートオフトンワイド700を2014年に購入して以来6シーズン、春秋を中心に快適に過ごさせてもらいましたが、段々とダウンのロフト(嵩)が目減りしているような気がして「そろそろ買い替え時なのかなあ」と思っていました。

使用5年目に干した時の画像。
心持ちヘタった気が・・?

そんな時、スノーピークのECサイトにて上記サービスがあるのを知り、2020年8月29日に申し込み。
9月5日発送して10月2日に返送されました。

ツレの分と2個セットだったので往復送料無料、税込で10560円(@5280円)でした。

申し込みから発送~到着まで

電話もしくはECサイトより申し込みしますが、kyanはECサイトより申込しました。

その際、オプション加工が選べます。
オプション加工は撥水加工と防ダニ加工いずれかの選択制。薬剤同士が干渉し合い本来の効果を発揮できないため、どちらか一つとのこと。
どちらも魅力的で迷いましたが、ワンコ連れキャンプが多いため防ダニ加工で申し込みました。
プラス700円とのことで、ほぼ実費ですね。

ちなみに、品物の受け渡しは往復共に佐川急便でした。
我が家に来る方は午前指定しても正午を回ってからしれっと来ることが多く、今回も多少待ちました。

品物が届いてみて

自宅を出発してからほぼ1ヶ月後に戻ってきました。

中身はフワフワのオフトンが♪

そして箱がデカイ!
なんでも「フカフカなシュラフを実感してもらうため」とか…。

160サイズのデカイ箱で返送されてきました

中を開けると、敷と掛け、それぞれ分かれて入っていました。

敷き布団と掛け布団に分かれて梱包されていました

表面はスベスベに!

防ダニ加工オプションの薬剤のせいか、表面はすべすべになってました!
もう新品時のそれです(笑)

早速展開
フワフワで、クリーニング前との違いは一目瞭然です

内部もサラサラでイイ感じ♪

これまで使っていてなんとも感じませんでしたが、戻ってきてから寝てみると新品のような触り心地になっていました。

寝心地がアップして、チョコもニッコリです。

ピカピカのシュラフに早速チョコが潜り込んでました(笑)

ロフト(嵩)は完全には戻らなかった

今回のクリーニングサービスで最も期待してたのは、痩せたロフトが回復することでした。
しかし、多少はフワフワ感を取り戻したものの、残念ながら初期のたっぷり空気を含んだ状態にはなりませんでした。

とはいえ収納ケースに入れようとすると前より畳みづらくなったので、全く効果がなかったという訳ではありません。

6シーズン目なのと、使わない冬季の間も収納ケース(赤い袋ね)に入れっぱなしで保管ケースへ移さなかったのもあるのかな…。

いっそ、ダウン打ち直しサービスとかダウン追加補充サービスもあったらよいのに・・(笑)

落ちないシミもある

返送品の中には「洗ったけどシミが落ちきれませんでした」といった注意書きが入っていました。
しかし、パッと見ではどこがシミだったのかわからない位なので、kyanの中では大きな問題にはなりませんでした。

シミ落ちできなかったシュラフに入ってた注意書き

使わない時は保管袋に収納を!

圧縮したまま保管しておくと中綿が劣化するとのことで、商品に標準でついてくる保管袋に入れておきます。

長期間使わない時は、ゆったりサイズの保管袋に入れて優しく扱います

その他

受付していない期間もあります

申し込みしようとスノーピークのHPを見ても、申込みボタンがグレーアウトして申し込みできない期間がありました

混雑状況などで一時的に受付を停止している場合があると思われますので、お願いすると決めたら早めに申し込んだほうがよいでしょう。
(集荷日は先の日程も選べます)

返送まで長期間待つこともあります

品物がスノーピークに到着してから発送されるまで、実に23日間かかりました。
(9/7にスノーピーク社に到着。22日後の9/29に問い合わせしたところ、翌9/30に発送)

HP等には「2週間かかる。混雑状況によっては2週間以上かかる可能性もある」と記載されていたので余裕を持って出しましたが、3週間経過しても何の音沙汰もないのは不安でした

こちらから状況と納期を問い合わせたところ、翌日に「本日発送します。元々この日に発送予定でした」と言い訳がましいタイムリーな返信が。
偶然?それとも忘れてた?

シュラフが会社に届いた時点で「お預かりのお知らせ」がメールされてくるので(スノーピークさんらしい繊細さです)、一貫した対応という観点からは(滞留や時間のかかる汚れ対応など)2週間を経過することが明らかになった時点(もしくは、遅くとも2週間経過時点)にも連絡もらえたら更に安心なのですが!

こういうこともあったので、「発送したら1ヶ月は届かなくても大丈夫」くらいの心積もりで余裕をもって申し込んだ方がよいでしょう。

感想

ロフト(嵩)が減って寒いと感じたのが本サービスに申し込んだきっかけでしたので、フワフワには戻らなかったのは残念でした。とはいえ奇麗になって概ね満足しています。

2個で10560円という価格から、往復送料と消費税を差し引いた実質価格は、1個あたり3500円~4000円位と推測されます。
「誰かにオーダーメイドで動いてもらう」という観点からすると、実費といって過言ではないでしょう。

本来コストの嵩むメンテナンスを、他社の同種サービスと比較してもリーズナブルな価格で提供してくれているのは、アフターサポートが手厚いと評されるスノーピークの面目躍如といったところでしょう。

サラサラ表面で手触りもよくなって寝心地も快適さを取り戻しました。
オフトンを使い続けるならば、またサービスを利用させていただこうと思います。

【結論】スノーピークのシュラフをお持ちの方にはオススメ!

+2

コメント

  1. ORION より:

    こんばんは。
    天気予報に反して札幌は静かですね。

    我が家には40年モノのダウンジャケットがあります。
    今はなきヒマルチュリというメーカーのものでマイナス30℃対応の極寒地用というもの。
    40年経つとさすがにロフトも落ちマイナス30℃はムリでしょうが20℃位なら充分に暖かいです。

    このジャケットは今までけっこうざっくりとした使い方をしていたのですが
    洗濯は40年で2〜3回くらい。いつも拭き掃除でした。
    うろ覚えなのですが洗濯したあとしばらく(1〜2ヶ月くらい?)はロフトが充分に復活しなくて
    最初に洗ったときは「洗わなければよかった」と思ったモノでした。
    マニュアルには極力洗濯しないようにということと
    乾燥までは相当時間がかかると書かれていました。

    なので洗濯回数を抑えれば、ロフト=保温性は長持ちするかもしれませんし
    kyanさんのロフトの件も
    天然素材は完全乾燥まで時間がかかることとシュラフ自体が通気性がよくないので
    ダウンがまだ完全に乾燥しきっていなくて
    もしかしたら今後の自然乾燥で今よりもロフトが回復するかもしれません。

    +1
    • kyan より:

      ORIONさん、こんにちは!

      札幌は藻岩山や手稲山のおかげか、(世間で騒がれていても)割と平穏な事が多いですね~
      一方、後志の某地方へ行ったら、雪と強風で怖かったです。

      >ロフトの回復について
      クリーニングサービスの返送3ヶ月後に撮影で取り出した際、ロフトが回復した感じは
      残念ながらしませんでした(それまで保管用の袋に入れて休ませてました)。
      もっとも、購入時に計測していないので感覚的なものですが・・・。

      メーカーHPには「ゆっくり時間をかけて湿熱乾燥」、「復元機のドラムを回転させながら
      中に熱風を送り、シュラフの中綿を柔らかく揉みほぐします」とあるので、我が家のシュラフは
      返送段階で完成品という認識です。

      >機能維持、回復はどうすることが正しいか
      -30℃対応のダウンジャケットって、凄いスペックですね。雪山登山用でしょうか。

      洗濯については前回教えていただいた山屋さんの記事にもありましたが、メーカーによって
      推奨や方法がバラバラで、どうすることが正しいか自信が持てなかったりします・・。

      0