12V電気毛布 WA-43(ホットカーケット/クレトム)

本日紹介するアイテムは、

12V電気毛布WA-43(ホットカーケット/クレトム)
です。

スポンサーリンク

来歴

2009年8月末に購入。30泊以上使用。
ネットオークションサイトにて4,000円弱で購入。
季節外れだったのでかなり探しましたが、レビューを書くにあたって調べてみると今の時期なら色々とでています。

目的
もともと毛布が欲しかったのですが、車中泊およびキャンプで使うため、12V電源を使用する電気毛布を探していました。季節商品のため本来なら晩秋から初冬にかけて購入した方が良いと思いつつ、8月キャンプでは冷夏のため、夜中に冷えて寝付けないということが何度かあったことと、一方で9月以降にもいくつかキャンプやドライブに行く計画を立てていたため、前倒しで購入しました。

便利なところ

12V電源で駆動する

家庭用コンセント(100V)を使用する電気毛布は潤沢に出回っていますが、車内で使うには正弦波を出す高価なインバータを購入しないと使用できません。また、インバータを使うと効率が落ちて必要な電気量が増えます(=バッテリーに負担がかかる)。この点、本アイテムならシガライターソケットに挿入するだけですぐ使えるので便利です。
パワーステーション5in1といったポータブル電源と組み合わせて利用することでさらに便利になります。

タイマーがついている

30分か45分がスイッチで選べます。
購入にあたり重要な条件がこの点でした。といいますのも、タイマーがないと電気が流れっぱなしとなり、バッテリーが上がってしまうからです。かといって、暖まってウトウトしている時に、最終的にスイッチを切って寝るのはなかなか大変だと感じていました。また、バッテリーから電源をとっても30分や45分と区切って使っている分には大した電力量にならないため、この点も気に入っています。
なお、巷で売られている電気毛布はタイマーの無い物もありますので、注意が必要です。

収納袋がついている

買ってから気づいたのですが、写真のような収納袋がついてきます。特別凝った作りではないものの、袋が1枚あるかないかで使いやすさは全然違います。このようなアイテムも標準でついてくるのも○です。

外生地を取り外して洗える

直接肌につく部分は汗を吸着しますので、このように生地が二重になっていて外側が洗えるというのは衛生的で、こういった細かい配慮は助かります。

不便なところ

コードが邪魔

2mの電気コードは便利なのですが、収納時や通電させず単に毛布としてのみ使うような際には一転して邪魔になります。この点、ネット上では収納袋を独自に作っている方がいらっしゃいました。

感想

「ホンノリ暖かくなっていく電気毛布」という印象です。まぁ3~4A(40W程度)ならばこんなもんかなと。寒い時には上にもう1枚羽織ると熱が逃げなくて暖かいです。
もっとも、この電気毛布で寒いと感じるほど寒い場合、そもそも車中泊やキャンプという選択肢自体を見直した方がイイという話もありますが…。
また、買ってから気づいた事ですが、毛布としても普通に暖かいです。単体でも使えるため、使い勝手が高い製品という印象を受けました。これだと普通に毛布として車においておけば何かと潰しがききそうです。
あと、肌触りが良いです。手持ちの寝袋が980円の安物のせいか、ナイロンの擦れる音と湿気で蒸れるのが駄目で寝付けず、2年目からはほとんど使っていません。この点コチラならそういった事はないので気持ち良く眠れました。

結論

幅広く使えるので車にぜひ積んでおきたい一品

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 豆けん より:

    kyanさん、こんばんは。

    この電気毛布いいですね~。
    僕も遠出をする際車中泊をすることが多いのですが、夏場でも寒い思いをすることが何度もありました。
    で、結局エンジンをかけてしまうこともありました。
    これは役に立ちそうですね

    僕もキャンプをするので、炭のことなどいろいろ参考にさせてもらいます。

    また来ますね~。

  2. kyan kyan より:

    豆けんさん、ようこそ!

    いいですよ~(^^)
    特に今年は冷夏だったので、電気毛布がフル活躍でした。
    使い勝手が良い割にリーズナブルだったので満足しています。
    これで送料が安ければ…(遠い目)
    「北海道・沖縄・その他離島は別料金」にいつも泣かされていますorz

    温泉も含めて少しづつ更新していきますので、またいらしてください(^^)私もお邪魔させていだきます!