【7年熟成レビュー】ダイニチ ブルーヒーター FW-327NE

スポンサーリンク

こんにちは、kyan(@sumibi_kyan)です♪
本日はダイニチのFF式灯油ストーブ、FW-327NEをレビューします。

FW-327NE
3年保証も驚きの8年目です♪


スポンサーリンク

FW-327NE

来歴

2013年5月に友人より不用品を2千円で引取。
以後、7シーズンで計17回(22泊)使用しました。
春秋キャンプのうち電源が使える場所には毎回持参しています。また、普段は自室に置いて冬期間は常時使用しています。

注意・免責事項
・火事や一酸化炭素中毒の危険があるため、使用時は定期的に換気してください。
(一酸化炭素中毒になった方の記録を読みますと、復帰までの道のりと後遺症は壮絶です)
・就寝時やストーブから離れる際には必ず消火し、火が消えたことを確認してください。
・テント内での使用はメーカー想定外使用です。使用は自己責任です。
(特に雨が降って生地が濡れると通気性が著しく落ちます)
・本記事を読んで使用し、万が一事故が起きても当方は一切の責任を負いません。

スペック

種類気化式・強制通気形・強制対流形
点火方式連続放電点火
燃料消費量最小0.072L~最大0.311L/h
油タンク容量5L
燃焼継続時間16.1~69.4時間(出力による)
標準適室木造15平方メートル(9畳)/コンクリート20平方メートル(12畳)
外形寸法高さ42.9cm×幅37.1cm×奥行29.9cm(置台を含む)
質量7.5kg
消費電力点火時390W、燃焼時52~98W(出力による)
安全装置停電安全装置、耐震自動消火装置、燃焼制御装置、点火安全装置、不完全燃焼防止装置、過熱防止装置、消し忘れ消化装置、気密油タンクの給油時消化装置
その他の装置室温異常高温防止装置
備考付属の取扱説明書p17より抜粋

よいところ

とにかく暖かい!

熱をファンで強制的に前方向へ送風するため、灯油ヒータより明らかに暖かいです。
真冬に温風を受けてヌクヌク過ごしていると、石油ファンヒーターは人類で最大の発明じゃないかと思います(笑)
面積270cm×270cmの一般的なドームテント位だと弱でも外気+20℃はいけます。

汚れま栓が便利

キャップ式は少なくなりましたが、この栓のおかげで手が汚れにくくて重宝します。
(でも、栓そのものに灯油が付着して、手が灯油臭くなることはあります)

意外とコンパクト

突起の少ない長方体なのでコンパクトカーでも運びやすく、我が家ではいつも前部座席と後部座席の隙間が定位置です。

(上)車に積載時。左はコンパクトカー時代/右はフリードプラス
(下)ストーブ別大きさ比較 灯油ストーブ RX-2212Y/本機/カセットガスストーブ CB-8

補修用性能部品の保持期間が長い

他社は6年(経済産業省の通達中の最低期間)ですが、ダイニチは製造打ち切り後9年間保持しており、その間は修理を受け付けてもらえます。
「長く使いたくても部品がなくて修理できない…」
なんてことがないよう部品を保持するメーカーの姿勢がgood!で、利用者のことを考えているなと嬉しくなります。

気になるところ

電源が必要

起動時の電力が大きいので、普通のインバーターでは対応できないでしょう。
必然的に商用電源が使えることが条件となりますが、災害時は厳しいかな。

停電時にはまず使えません

どちらともいえないところ

他社の同等製品と比較して消費電力が大きい

本機は電気で灯油を温めてガス化→燃焼するため、他社より着火が早く匂いが少ない反面、消費電力が大きいです。
他社より1時間あたり20~30Wとちょっとした蛍光灯1本分位多く使うため電気代が上がるのをどう評価するか…難しいところです。

3時間おきの延長メロディがうるさい

安全上仕方ないですが、外で使うにはちょっとうるさい(恥ずかしい)です。
早めに延長ボタンを押しておくと、ボタンを押した時段階でカウントがリセットされるようなので、夜間の使用の際は早めにボタンを押しておくのもアリかな。
もちろん定期的な換気を忘れずに!

5Lタンクでどのくらい使えるか?

カタログ値の燃料消費量は1時間あたり0.072L~0.311Lの間で、約16~70時間使用できます。

自宅使用時

11月や3月など寒さが緩い季節だと「最弱」で1日8~12時間稼働させて5~6日、12~2月の厳冬期は時折「強」にしたりして3日程度使えています。

アウトドア使用時

いる間は常時「最弱」で稼働し、深夜早朝など特に冷え込む時は一時的に「強」にしたりして2泊+最終日デイキャンプは使えています。
(一度だけ撤収1時間前に燃料切れになり、ー4℃の凍える中で撤収作業したことがあります…)
最近は灯油が高騰して困りますが、それでもカセットガス式のストーブと較べて圧倒的なコストパフォーマンスです。

スポンサーリンク

コメント

実際のところ、日用品として不満がなさすぎてレビューにならないのですが(笑)

かねてからキャンプ期間の拡大を狙っていたところに、たまたま友人が手放すタイミングで入手できてラッキーでした。

モデルチェンジによる劇的な性能向上が見込まれない「枯れたカテゴリ」の製品なので、以後7シーズン問題なく安定して使えています。

「こんな寒い時期にキャンプするの?」と怪訝な目をする初心者に見せると、「え、ストーブ持参してキャンプ?!」と驚いてもらえるのが楽しいです(笑)

実家時代はアウトドア専用でしたが、引越後はストーブのない北向きの部屋に置いて冬の間、毎日使用して暖かさが身に沁みます♪

現行機種はFW-3219NEです。
より便利になっていますが、基本的な機能や性能は本機と変わりません。

0

コメント