木炭の種類

スポンサーリンク

木炭の種類

簡単ではありますが、表にしてみました。
不十分な部分があれば、適宜手を加えていきたいと思います(ご指摘歓迎!)。


    (焼き方の違い)    (原木の違い)
木炭-+--白炭--+--備長炭(馬目樫)生産地:日本では和歌山、高知
   |      |              海外では中国、ミャンマーなど
   |      |
   |      +--ナラ白炭:東北地方、代わり種は十勝(池田)
   |      |
   |      +--オガ備長炭(オガライト):
   |           中国やマレーシアが多いが、日本でも「さくら炭」等
   |           がある。
   |           備長炭とは別物。人工炭なので品質はピンキリ。
   |           延々と安定した火力が続く。着火性能は低く苦労する。
   |
   +--黒炭--+--オガ炭(オガライト)
          |
          +--バーベキュー炭(主にマングローブ)
          |     マレーシア、インドネシア、タイ、中国など
          |     変わり種はカンボジア。品質はピンキリ。
          | 
          +--ナラ炭(楢・ブナ) 
          |     日本では岩手など北東北、または北海道、
          |     島根など幅広く。海外では主に中国。
          |     燃えやすく、2時間程度で消えて無くなる。
          |     着火しやすく一般に扱い易い。
          |
          +--竹炭 火力は強いが火持ちしない。
                燃料用より空気清浄や水質浄化などに用いられる。
                竹の自生する地域で生産可能だが、単価はなぜか
                中国の備長炭並に高価。

フォローする

スポンサーリンク