ホーマック マングローブ炭(マレーシア産)

本日はホーマックで購入したマレーシア産マングローブ炭を徹底的にレビューします♪

スポンサーリンク

来歴

2007年6月購入、のべ数回、5.8kg使用(298円/3kg)。ホーマック(北海道・東北のホームセンター)/DCMグループのPB商品です。

開封しての印象

・ビニル袋に包まれて箱詰めされています。
・マレーシア産で、原木はマングローブ類です。
・現在では6kg箱が値上げされています。
・形状は切炭で、大きさは若干バラつきがあります。
 七輪で使用するには大きいので、割る必要があります。

実際に使用しての印象

・着火性能は2-30分かかりますが、炭材や炭質というより大きさによるものかと。
・燃焼性能ですが、一度熾きれば後は淡々と燃えてくれます。
 火持ちは2時間程度持続しています
 消し炭として使えないことはありませんが、触れると崩れるためあまり適しません。
・網焼きで使用しましたが、特に臭いが付く等はありませんでした。
・灰はよく覚えていません汗

感想

この炭の良いところは「ホーマックならどこでも同じ物が買える」点です。北海道一円を幅広くカバーしているホーマックの店舗網を考えると、キャンプに行く際に足りなくなったり忘れ物をしても、道中で同じ物が買えて便利です。

初期の頃はよく使っていましたが、七輪には大きすぎて割る必要があったため、今ではもっぱらコンロや焚き火の着火剤として使用しています。使った限り品質は安定していますので計算できる点が重宝しています。

なお、当ブログでマングローブ炭の品質を比較検討する際、比較対象はコチラです。

余談

余談(というか当たり前)ですが、木炭を購入する際には、輸入者や生産国、炭材が明示されている等、出自のはっきりしている物を購入した方がよいです。特に木炭はただでさえピンキリかつ燃やしてみるまでは本当の実力が測れない(中には外観だけで忌避した方が良い場合も。例えば、箱が古い、ボロい、濡れた跡がある、膨らんでる、炭が粉々になっている、廃材を焼いた様な形状など)ため、外観上の情報が重要です。

この手の木炭は、中には輸入者や出元の記載がなされていない物もあり、そういう木炭を買うのはややギャンブルな訳ですが、この点こちらは出自がはっきりしているため安心です。

結論

3kg単位でマングローブ炭を買うなら有力候補

他の木炭評価はコチラ

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. john より:

    こんにちは(^-^)

    今日、BBQをしたのですが家の物置に
    コレがあったので使いました(^^;;;
    おお、さっき使ったヤツだとビックリしました(笑)

  2. kyan kyan より:

    johnさん、こんにちは!
    身近にある物をネット上で見かけるとビックリしますよね(笑)
    それにしても、この時期にBBQできるなんて羨ましい!

    本品は複数のホムセン(DCM Japan)で共同仕入れしてる物です
    ので、幅広い地域で入手できそうです。

    #表題の「ホーマック木炭」を「DCM木炭」と変えるべきか悩みます(笑)