ル・ピックで牡蠣&焚火三昧・春②(5/29)

本日は、初夏の吹き抜ける風が心地よかったル・ピックキャンプの2日目の模様をお送りします♪


(写真:撤収前に撮影したNEWドゥーブル。衝動買いテヘッ)

スポンサーリンク

5月29日(日) ル・ピック~モッタ海岸温泉~自宅

起床!

テント内がうだるような暑さで6時半に起床。温湿度計はまさかの33.5℃(苦笑)
あまりに暑いのでテント内のベンチレータを開け、ついでにビールも空けてみた(笑)
あと30分は初夏の風にふかれて寝ていたかったところですが、トイレやらチョコの散歩やらでなんとなく起きてしまう。

せっかくなので昨日木陰に設置したハンモック初体験。
濡れてないか心配でしたが、幸いお陽様で乾いていましたドキッ
イザ!…あれ?
座るとお尻が地面にくっついてしまいましたタラ~
慌てて結び直し(汗)

木陰だとヒンヤリするので、試しにブランケットを敷くと快適温度に。あまりに気持ち良いので、心地よさをわかちあうべく寝苦しそうなツレをテントから連れだして寝かせておきました(笑)


(写真:ハンモックに揺られてうたた寝するチョコたんニコッ)

その間に細々と片付け

撤収時間は人数あたりの物量・習熟度・サイトから車までの距離・天候・車の大きさで決まるので、短縮しようと思えば物を減らすか早くからこまめに片付けるしかありません。
今日のように快晴で気持ち良い日に撤収するのは抵抗があってついつい遅れがちになりますが、こまめに片付けることがトータルの時短につながります。
「使う時に出して、使わなくなったら片付ける」
当たり前だが難しいこの習慣、ぜひ続けたいものです ←割と他人事テヘッ

さてはて、今日はまだ時間があるのでシュラフやインナーテントを日干し。これまでなかなか時間を確保できず日干ししていなかったので大満足。


(写真:お日様パワー晴れでフッカフカびっくり)

そのうちにツレが起きてきたので、朝食準備を任せて選手交代。ラジオを聞きながらハンモックに揺られてました。こりゃ快適(笑)

早いものであっという間に8時半。
快適なキャンプだと充実感いっぱいで時間が経つのも早い気がする。気持ちに余裕があったので、残った枝でプチ焚火。ついでに昨日の残り物も焼いてみました。

ウインナー

昨日半額で買った行者にんにく入り。
割り箸に串刺しして焚火の近くに立てておきました。


(写真:シチュエーションにツレ大興奮。確かに絵になりますなぁ)

プンプンと臭気を漂わせてるワイルドな一品を想像してましたが、食べてみるとあっさり味。熾火で焼いたらパリッとして、旨味汁が口のなかいっぱいに拡がる。
たまらん!
運転はツレに任せて麦酒コース決定(笑)
「パリッ!」
この食感はフライパンではなかなか実現できないので、火をおこす価値があると思ってます(笑)

アスパラ

マヨネーズを添えてホイル包み焼き。


(写真:甘味と苦味のバランスがよくてあっという間に完食!)

残ったホルモン

旨い!
おかわりの麦酒があればなあ~(残念ながら品切れ)


(写真:熾火の上に網を載せて焼きました)

撤収!

さて、食べ終わったあとはボチボチ片付けに入ります。
周辺物→テント→炭火関係の順に片付け。
炭火を後回しにしたのは手が汚れるから。今日は台所隣接なのでよいですが、普段だといちいち移動するのが面倒臭いので習性のようなものです。そして今日は台所のみならず車も横付けなので、こまめに移動でき楽チン。

慣れるとフリーサイトには戻れません(笑)


(写真:片付け中は日陰でまったりしてるチョコたん)

片付け終えて、最後に写真撮影(毎回記念写真を撮っています)をしチェックアウト。
撤収の順番はいつもぶっちぎりの最下位ですが(皆さん早い!)、今日は1組残っていてちょっとだけホッとしましたw

最後にチョコの散歩。
隣接のドッグランを利用予定でしたが、後の行程もあるためキャンプ場をぐるっと一周。
場内の木々は緑が濃くなり初夏の訪れを感じさせるに十分でした。


(写真:連泊したいな~~)

寿都かき・おさかな市

さて、今日は「寿都かき・おさかな市」があるとのことで、ツレの運転で寿都港へ。


(写真:かき・おさかな市)

性懲りもなく牡蠣とホタテを食べようと計画してましたが…会場着いたのが12時50分。終了40分前で既に会場は終息気味。

(これだけの好天で残ってるとは思わなかったけど)牡蠣は跡形もなく、ホタテは少し残ってる位。なんとなく気になってたホタテ釣りし、ホッケ汁を飲んで撤収しました。

そいえばホタテ釣りは予想以上に面白かったですよ。
開いてる口に棒をツッコミ、驚いたホタテが貝殻を閉じたところで釣り上げる仕組みでしたがどのホタテも渋く…最後は貝殻の凹凸に引っ掛けて釣り上げてました(笑)

お昼ごはん

ちょうどよい時間でツレが腹をすかせてきたので、近くの食堂にて釜揚げしらす丼(1300円)を注文。


(写真:しらすの優しい甘味が美味しい。小女子の佃煮もイケますニコニコ)

モッタ海岸温泉

ツレの腹を満たした後は、ツレ一押しのモッタ海岸温泉へ。
道内では数少ないラジウム泉のお湯で、ツレ曰く「体の調子がよくなる」らしい。
牡蠣祭りの影響で混雑しているかとおもいきや、来た時はまさかの貸し切り状態。
おかげでのんびりゆっくり入れました。


(写真:道内に温泉は数あれど、泉質では有数の良泉ですニコッ)

ツレを待つ間にキャンプ日記を書きなぐる。たとえ少しでも現地でキャンプ日記を書き上げておくと後々随分楽なので、今後も可能な限り続けたいところ。

その後、自宅へ直帰して、最終的に20時半着。
予定ではまるまる見れるはずだった「真田丸」は最後の5分だけ見れました(^^)

ちなみに…

残り物のシイタケと、おさかな市で釣ったホタテは酒の肴になりましたとさ(笑)


(写真:麦酒呑みながらつまんでたら、いつのまにか眠ってました…汗)
(まとめへつづく)