ケシュア 2 SECONDS AIRとタープをジョイントしてみた

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、kyan(@sumibi_kyan)です♪

今回は、夏キャンプの主力テント・ケシュア 2 SECONDS AIR IIIをジョイントしてみたので、使い勝手や連結のコツなどを書いていきます!

スポンサーリンク

ケシュアairとタープを組み合わせてみた

前提となるケシュア 2 SECNOND AIR IIIについてはコチラをご覧ください♪

【100泊レポート】ケシュア 2 SECONDS AIR
ケシュア 2 SECONDS AIR IIIを7年124泊してわかったことを徹底的にご紹介します

ケシュアair3×ヘキサライト2

目的

・雨天時にテントを濡らさない&作業スペースを確保
・晴天の朝に寝坊しても暑さで起きないように(笑)

感想

コールマン ヘキサライトIIとコラボ
色合いがバッチリです!

①快適!

最初は「どんなもんかな?」と思ってましたが、いざ張ってみると快適でした。
オープンしていた片側をペグダウンすることで中の様子を見えにくくする効果もあり、プライベート感が増してイイ感じです。

②色が似てて最初からセットみたい

どちらもグリーンなので調和しています。遠目には他社製品とは思えないです(笑)

③従来品より大きいので…

ケシュアをヘキサの中にそのまま突っ込むと、その分だけリビングが圧迫されます。
晴れの日は外にずらして置くなどの工夫が必要です。

ヘキサライト2 (コールマン)
コールマンのヘキサライト2を徹底解剖レビューしました♪

ケシュアair3×スクリーンキャノピージョイントタープ

目的

・雨天時にテントを濡らさない&作業スペースを確保
・寝室と連結した状態でのリビング確保

ヘキサライトと違って春秋時に灯油ストーブを入れたり、立った状態で着替するなどといった用途に便利です。

やってみた

コールマン スクリーンキャノピージョイントタープIIとコラボ
簡易2ルームテント的に使えました♪

①ケシュアを全て入れるとリビングスペースがなくなる

そのため、半分くらいは外に出して使うとよいでしょう。
雨降り予報の時はスッポリ入れるなどしています。

②正式対応ではないため、どうしても多少の隙間はできます(虫が入る)

そのままでは浮いてきて隙間ができるため(写真)、洗濯バサミでとめちゃいます(写真)
「洗濯バサミはお洒落じゃない!」って人はクリップでもホチキスでも好きなものを使ってください(笑)
ケシュアの窓が開いてると隙間ができるのでスカートで覆っちゃいます。
今のところこれで困ってません。

③車を背にした場合、撤収の際荷物移動で回りこむ必要があって、やや面倒

ケシュアは正面のみの1ドアのため、運用に工夫が必要です。

④2ルームテントをたてるより便利

短時間で設営/撤収可能なのと、一人で対応できるので使い勝手がよいです。
そもそも寝室はそんなに広くなくてよい(ほとんどの時間をリビングや野外で過ごすため)

感想

簡易的ですが、2ルームテントみたく使えるようになりました。
思ってたよりアッサリできて拍子抜けしてます(もっと大変と思ってました)。

正規の2ルームテントと比べて設営/撤収が簡単(1人で作業できます)で、夏場はドゥーブルを出す機会がめっきり減っちゃいました(笑)

スクリーンキャノピー ジョイントタープ2 (コールマン)
コールマンのスクリーンキャノピージョイントタープ2を多方面から徹底的にレビューしました!

あれこれジョイントしてみて

寝室となるケシュアとリビングになるタープを組み合わせることでキャンプがより快適になります。
簡単にできるので、ぜひ試してみてください♪

+1

コメント

  1. アバターORION より:

    ケシュア×スクリーンタープの写真がまるでカタツムリみたいでかわいいです。

    私はウィングタープが大好きで、まるで飛ぶように空に浮かんだ姿に萌え(笑)です。
    気に入ったモノがなかなか見つからなくて滅多に買わないのですが
    今、手元にはソロ用から大人数まで7張りほど残しています。

    タープ好きとして雨・雪はもちろん、晴れても曇っても、さらに木陰でも張っています。
    ここ十数年で張らなかったのはおととしの雪キャンで、
    サイトが雪掘り禁止でペグを効かせられなかったときだけ、という。
    あとタープ下の独特な柔らかい明るさも好きです。

    ウィングタープばかりなのでケシュア×スクリーンタープのようなドッキングはできませんが
    ウィングの下に入れるカンガルースタイルはときどきしています。

    +1
    • kyankyan より:

      ORIONさん、こんばんは。

      「ORIONさんでタープ」といえば、タープ下でマットを敷いてピクニック風(?)に楽しまれてたのが印象的です。
      「ああ、こういう使い方もいいなあ」と思って見てました。
      タープは自由度が高いだけに、皆さん独自の使い方があって奥深いですね。

      ウイングタープは紙飛行機みたいな形もよいですね。
      前にドロームでどなたかのを拝見した際に、オサレだな~と思った思い出が。

      それにしても、気に入ったタープだけで7張りはすごい!
      kyanはひとつ買うと壊れるまで使うことが多いので、なかなか次の導入に至りませんが…、ひとつ使ってみたいな。

      0
  2. アバターORION より:

    再コメント失礼します。

    うちはオサレキャンプとは縁遠い(有名ブランドで固めて本から抜け出たようなスタイルがハズカシイ)ので
    好き勝手にやっています。
    椅子も好きですが地べたスタイルもそのまま寝られてけっこうのんびりできます。
    あとウィングタープは風の強いときに片側を地面に直に打ち込んで風よけにするなどいろいろと使えます。

    >気に入ったタープだけで7張りはすごい!
    キャンプ歴だけは長く物持ちもいいので30年ほど前のノーブランドタープもあります。
    でもスタイル優先なんで現代の多様なタープの中では実用性が?なのもあります。

    近年だとtakibiタープやMSRのランデブーが美しいかと思います。
    どちらも実用的ですし。
    kyanさんも新幕一張りいかがですか?

    +1
    • kyankyan より:

      ORIONさん、こんばんは。

      ORIONさんは、数多のキャンプを経て残ったご自身にとって真に気に入ったギア・使いやすいギアを持参されている印象で、それらのレイアウトは自然体なれど上品。
      「これぞ真のオサレ」と(かってに)思ってました。
      奥さまがタープ下で居心地良さそうに寛がれていたのも印象に残っています。

      >地べたスタイル
      開放感あって空間が広く使えてよいですね。
      腰痛持ちには辛いのがキビシイところ・・・(涙)

      >昔の幕
      30年物ですと加水分解が気になりますが、手入れや保管をしっかりされているんだろうなあ。
      レジャーなので、流行や実用性より使いたい物・気に入った物重視でいいと思います!

      >オススメいただいたタープ
      カッコイイ!!でもペグ打ち大変そう!、そしてお値段がっ・・・!

      (ツレが見つけてくれることを期待して)とりあえずお気に入りリストに追加しました(笑)

      0