【実録】真夏のキャンプ場で3時間以上もエンジンをかけっぱなしにされて困った件

スポンサーリンク

こんにちは、kyan(@sumibi_kyan)です。

スポンサーリンク

今日は、いつだったかのキャンプで困った時のお話

(写真はイメージで本文とは無関係です)

エンジン切ってほしいなー

真夏の暑い盛りの中、道央のとある有料キャンプ場でのこと。
そこは入口にゲートがあり、一般客は受付しないと入場できない仕組みになっています。場内は乗り入れ自由でとても便利ですが、時には困ったことも引き起こします。

さて。
ある朝来た中年のオジサン、到着からずーっとエンジンかけっぱなし。

最初、
「(保護が必要な)赤ちゃんなりペットが寝てるのかな?」
「設営に夢中なのかな?」
と気にしてなかったが、30分過ぎてもエンジンが止まらない。
ジリジリとした暑さの中、マイテントの横なのでとても気になる。
周囲で他にエンジンをかけてる車は皆無で、その分だけ違和感が募った。

「ん? さすがになんかおかしくね?」

というのも、そもそも設営している様子が一向にない。何しにきたの?
おかしいおかしいと思っていたら、他人のテントと自分の車を頻繁に行き来し、車にこもって寝っ転がってる
どうやらオジサンの目的はキャンプではなく、隣のテント家族へ遊びに来ただけの模様
・・・移動式クーラー車ですか。そうですか。

音って一度気になりだすと、たとえ昼間でもずっと気になる
でも昼間だし、暑いことは暑いし、なにより利用者間でトラブルになるのがイヤで見て見ぬ振りをしていた。
そもそも利用者が何を言っても拘束力はなく、ただただ「お願い」するだけだ。そして「お願い」は聞き入れてもらえるとも限らない。むしろ逆恨みされて嫌がらせをされる可能性もある。
そう、自分が我慢すれば何も起きないのだ-、と。

エンジンかけ続けたまま3時間。管理人さんが声掛けしてくれた

そうこうしてるうちにエンジンかけっぱなし3時間。ひたすら耐え続けていた。
「このオッサン、ガス欠までアイドリングし続けるのかなあ…」と諦めてた矢先に、たまたま管理人さんが通りがかったので、若干の逡巡の後、意を決して申し出てみました。

(お願い事項)
「周囲に迷惑なので声掛けしてもらえますか」
(状況)
・少なくとも3時間に渡ってエンジンかけっぱなし
・テント等を設営/撤収してる雰囲気はない
・車内に赤ちゃんやペットがいるといった状況でもない
・中年男性がテントと車を往来して、車で寝ている

管理人さん、こういうことには慣れてるらしく、話を聞き終わるや即対処してくれました。
しかも「ご迷惑おかけして申し訳ありません」と管理人さんに謝られるので、悪いのは管理人さんじゃないですから!とかえって恐縮。

「エンジンかけて寝てたいなら人のいないところに車を動かしてくれればいいのに。てか、そもそも暑いのイヤならキャンプに来なければいいのにね」と言ったら苦笑いしてました(笑)

ちなみにしばらくしてエンジンは止まり、オジサンは程なくして帰っていきました。
自分さえ良ければいいのかなー。

キャンプ中のアイドリングは控えてほしい

やむを得ない事情があるなら、迷惑のかからないところへ車を移動して!

これを読まれて「あ、俺のことだ」「私もこういう経験ある」って方がいらっしゃったら、キャンプ場で長時間のアイドリングはご遠慮いただけると幸いです。

コメント

  1. アバター Gian より:

    こんにちは♪

    3時間もアイドリング。
    クルマに悪そうですね!
    (そこかいと言われてしまいそうですが)

    今年は「ふもとっぱら」で一晩中エンジンかけっぱなしのクルマが隣でしたが、ガス欠にならないか心配になってしまいました。

    暑すぎて今月はインドア生活してます。
    あ〜北海道に行きたい!

  2. kyan kyan より:

    Gianさん、こんにちは!

    ガソリンがもったいなー、なんて事も考えてました。
    (こちらも、そこかい!と言われそうですが・・・笑い)

    ほんのちょっとでよいので、想像力を働かせてくれたらみんな幸せなんですケドね♪

    暑すぎてインドア生活ですか。
    本州ですと、無理していくよりそのほうがいいのかも・・・

    北海道も前半は暑くて(連日の30℃超!)大変でしたが、ここ1週間ほど落ち着いてきました。
    あとはこのまま秋の暑さになっていくのかな。
    キャンプするにはちょうどよい気温ですね。
    今月はまだ2泊しかしていないので、もう少し行きたいところです。

    次回の来道もお待ちしております(^_-)