【薪ストライフ】100均アイテムで作る簡易煙突ガード

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、kyan(@sumibi_kyan)です♪

前回、薪ストーブからの幕体保護としてテントの外へ通す煙突を断熱化した模様を書きましたが、今回は100均で見つけたアイテムで簡易的な煙突ガードを作った話をお送りします。

(掲載日:2021/01/27 最終更新日:2021/01/27)

完成形


スポンサーリンク

100均アイテムで作る簡易煙突ガード

エピローグ

前回の赤井川キャンプでスカートを焦がして以来、対策のことで頭が一杯のkyanさん。

テントの外に通す煙突を断熱化して、焦げ対策は心の中で一区切りついていました。そんな中、アルテンキャンプの途中で立ち寄った、スーパー内にある100円ショップをのぞいたが運の尽き(?)

ツレが忘れたスマホ充電ケーブルを探してたんですが、キッチンコーナーに置いてあったワイヤーネットを見て「これ、煙突ガードに使えるんじゃね?」と衝動買いしました。

概要

予算

220円

ワイヤーネット2枚×110円

制作時間

10分

針金留めがちと手間かかりました。

実際にやってみた

2枚のワイヤーネットをクリップ留めし、煙突ガードとして使っていた脚立に針金でくくりつけます

ワイヤーネットを脚立にくくりつけただけのシンプル装備です

ワイヤーネットの上にスパッタシートを被せ、そこに幕体のスカートをクリップ留めします。

三角柱のように開いて、幕体が煙突に接触しないようガードします

スパッタシートを完全に覆う前のスケルトン状態

実際に試してみた

幕体およびスパッタシートが煙突に触れなくなりました。

新装備で3泊、トータルで40時間ほど焚きましたが、幕体は今のところ無事です。
「空気の層に勝る断熱なし」は金言でした😃

テストを兼ねてガンガン燃やしましたが、問題ありませんでした!


収納時は薪ストーブの箱に入るので特に嵩張りません😃

感想

幕体が煙突と接触することは物理的になくなったので一安心。
やっつけ仕事の割には効果あってニッコリです(笑)

いずれはちゃんとした煙突ガードも作りたいなあ…(面倒でこのままかもしれませんが・笑い)

本日も読んでいただき、ありがとうございました。

+2

コメント