【キャンプ場レポ】幌向川ダム公園 親水ゾーン (岩見沢市)

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、kyan(@sumibi_kyan)です♪
本日は岩見沢市にある幌向川ダム公園 親水ゾーンをご紹介します!

(掲載日:2021/01/21 最終更新日:2021/01/21)

幌向川ダム公園


スポンサーリンク

キャンプ場の位置

幌向川ダム
奥に林道が続いてましたが、施錠されてました

スポンサーリンク

基礎情報

例年はオープン中のキャンプ場でも、クローズしている場合があります!
COVID-19の世界的流行に伴い、キャンプ場の開設を見合わせたり完全予約制・入場数制限をかけている場合があります。

今後の計画を立てられる際には、事前に管理者への問い合わせをオススメします。

先日問い合わせたところ、緊急事態宣言中は利用不可ロープを張って立入禁止)とのことでした(2021/5/25追記)
ホームページなし
住所〒068-3188 北海道岩見沢市毛陽町33
連絡先0126-23-4111(岩見沢市農業基盤整備課)
所有者・管理者岩見沢市
オープン期間4月29日~11月3日
料金体系無料
時間なし
ゴミ廃棄持ち帰り
温泉ログホテル メープルロッジまで3.5km/8分
(大人800円/子供250円、11~20時・受付19時まで)
シャワー
コインランドリー
携帯auがダム湖側でわずかに届きます。ドコモ/ソフトバンクは圏外
ラジオFM/AM共にノイズなく明瞭に入りました
トイレ1ヶ所
炊事場1ヶ所
水道水(飲用可能)
車の乗り入れ
駐車場無(横付けできます)
リヤカー
ゲートクローズ
焚き火可(焚き火台を使用)
薪販売
ペット
遊具なし
見える景色森林、遠くに幌向川ダム
就寝時の音静かです
野生動物ヒグマ
客層訪問時はソロばかりでした
買い物岩見沢市内に大型スーパー複数あり
立地道道38号線美流渡市街地より幌向川ダム方面に約2km
備考現地は濃厚なヒグマの生息域です。食べ物の管理に注意しましょう
スポンサーリンク

キャンプ場レビュー

利用時の情報

利用回数1回1泊
利用日2020年 9月23-24日 曇/雨→晴
利用形態デュオ+ペット
利用目的新規キャンプ場開拓

サイトマップ

衛星写真

場内案内図

場内案内図

サイト構成:フリーサイト

奥に細長く繋がっているサイトです

手前側は広場のような芝生、奥へ行くと林間にテントを張ることもできます。
なお最奥は池のようになっていますが、柵が腐食して危ないためあまり奥へ行くのはオススメしません。

入口側のサイトは開放感ある芝生サイト

手前はほぼフラットな芝生サイト

入口付近をのぞいてほぼフラットで、ペグも問題なく挿さりました。

奥は林間サイト

プライベート感溢れるイイ雰囲気ですが、草が少ないため雨天時には泥濘と化すので要注意

場内奥にはイイ感じで木々が生えた林間サイトっぽい場所も

ところどころに植え込みがあります

植え込みをどう使うかがサイト設営のポイント。
うまく使えば周囲の目が届かないプライベート感を味わえます。

茂みが程よいプライベート感を演出してくれます

芝生は水はけよし

雨が降っても池のような水たまりにはなりませんでした。

照明はつきません

ダム側通路の照明は灯りますが、場内の照明はつきませんでした。
灯りを自前で用意する必要があります。

設備

トイレ:1ヶ所

きれいで匂いはありませんでした。
ただし訪問時はトイレットペーパーが切れていたので、念のため持参したほうがよいでしょう。

トイレ

炊事場:1ヶ所

水道は押してる間だけ出てくる方式で、ちと使いにくいです。

炊事場、というより手洗い場です

スポンサーリンク

感想

幌向川ダム公園 親水ゾーンのココがいい!

無料で利用できる

手続きがないため、チェックイン/アウトを気にせず自由に過ごせるのが魅力的。
反面、利用者間のトラブルは各自で解決することが必要です。

幌向川ダム公園 親水ゾーンのココがイマイチ・・・

蛇口がセルフストップ方式で使いにくい

押してる間しか水が出ず不便&コロナ時代に触りっぱなしというのは抵抗があります。

蛇口はセルフストップ方式

その他

COVID-19対策

注意喚起看板

コロナ対策は看板のみ

現地はヒグマの生息域です

入口に注意喚起の看板があるため注意が必要です。
食べ物やゴミの管理は厳重に行いましょう。
(外やテント内に放置しない、飲食が終わった後は車内で保管する)

現地では熊が出没して閉鎖になった年もあります

コメント

特筆すべき特徴こそないものの、チェックイン/アウトを気にせず自由に過ごせて、車横付けOK、焚き火もペットもOK、平らな芝生の上で寝られるキャンプスペースが無料で使える、普段遣いにちょうどよい場所でした。

毎週通う程でもありませんが、他に行くところがなければふらっと足を伸ばしてみたくなる・・・そんなキャンプ場です。

【結論】普段遣いにちょうどよいキャンプ場

コメント