【やってみた】点火しなくなったカセットコンロをメンテしてみた

スポンサーリンク

手持ちのカセットフー BO(ボー) EX CB-AH-35が点火しなくなったのでメンテしてみました

こんにちは!kyanです。
最近、コンロが点火しないことが多くて困っています。

キャンプで炊飯した際に吹きこぼれてしまってから調子が悪くなりましたが、最初の頃は吹きこぼれを拭いたり、翌日になったらちゃんと点火してたのであまり気に留めていませんでした。
ところが10月の栗山キャンプでは翌日になっても全く点火せず、ガスのツマミをひねったあとでチャッカマンで手動点火するハメに…

これじゃイカン!と思い一念発起してメンテしたのが今回の記事です。

(写真:カセットフーボー本体)

症状:点火しない

・ツマミをひねるとガスは出て、チャッカマン等を近づければ点火する。
・ツマミで火力の強弱調整可能。

ということで、原因は電極と判断。
ネットで検索すると同様の事象は複数でてくることから、よくあるトラブルのようです。

対策:電極をサンドペーパーで擦る

吹きこぼれによって電極が汚れて火花が出なくなったと推測し、電極をサンドペーパーでやさしくこすりました。

(写真:たまたま手元にあった#85のを使用。本来はもっと細かい目を使用します)

やさしくこすること2~3分。

(写真:削りすぎないよう、また電極位置がずれないよう注意を払いました)

結果:点火成功!

試すと問題なく点火しました。

(写真:元通り!)

ついでにケースの汚れも拭き取りました。

(写真:知らず知らずのうちに汚れていくんですよね~)

その後のキャンプで問題なく点火できています。
冬の間は自宅で活躍し、また来春からキャンプでも活躍してくれることでしょう。