穂別キャンプ場 広葉樹炭(厚真町産)

スポンサーリンク

本日は、穂別キャンプ場で購入した広葉樹炭についてレビューしてみます。


(写真:手作り感あふれるオリジナル木炭でした)

スポンサーリンク

来歴

2010年5月に穂別キャンプ場にて購入(税込420円/3kg)
2012年4月~10月で計7回、3kg使用。

キャンプ場で独自に販売している木炭に興味をもち、中身は見れなかったのですが試しに購入してみました。


(写真:売店での木炭販売。市販品の外箱を再利用していました)

スペック

・原産国:日本(北海道厚真町)
・原材料:ナラ他の広葉樹(管理人さん談)
・形状:バラ


(写真:形状や大きさはバラですが、広葉樹らしい断面です)

・単価:140円/kg
・箱:未計測のためサイズ不明(容量に見合った大きさでした)
・炭は箱にそのまま雑多な状態で詰め込まれていました。


(写真:箱に直接、雑然と封入されていました)

・大きさ長さ共にバラバラで、全体の1/3は破片炭でした。
 目皿を塞がないよう投入するのに苦労しました。
 大きいコンロでは目皿をすり抜けるため使いにくいでしょう。


(写真:破片炭は着火炭としてオガ備長炭の火熾し用に使用しました)

・焼き具合:焼き締まった硬質な仕上がりでした。

使用感

着火性能

平均17分(過去7回の実測値:15~21分)
破片の大小にかかわらず火付は良好です。
※目測で7~8割程度熾きて焼き物ができれば完了としています
(他の炭レビューと同様の基準です)


(写真:灰がうっすらと被ったこの状態が炭焼きに適した状態です)

着火時臭

屋外使用で気になるような悪臭は出ませんでした


(写真:いつ見てもこの燃え方はオガ備長炭より美しいですニコニコ)

火保ち

1~1.5時間
安定して燃えるため、時間は計算できました。
※基本的に七輪で使用した場合です
(炭の大きさやコンロの保温性、酸素流入量により長くも短くもなります)


(写真左:着火直後の状態 写真右:底部着火1時間30分後の状態。かなり減少しています)

火力

強い(静かに燃えて原形のまま小さくなっていきます)
煮炊きも可能ですが、焼き物の方がより適しています。


(写真:煮炊きは単価が安く炭化の甘いマングローブ炭の方が向いてます)

灰量

少ない(一般的なナラ炭の灰量で、オガ炭の半分以下です)

灰色

白色


(写真:オガ備長炭にはないこの白さは風情があります)

消し炭として再利用できるか?

不可(バラバラに崩れます)

感想

キャンプ場で購入した経緯から使用時には「穂別炭」と呼称していました。

炭そのものは硬質な焼き具合で、これまで使用した複数の炭と比較しても好ましい品質です。
静かに燃えていく様は風情すら感じさせ、眺めるだけで楽しいですドキッ

惜しむらくは内容物の多くがいわゆるクズ炭のため、焼き物にはあまり適さなかったこと。
(ある程度の大きさがないとすぐに燃え尽きるため)
これでは安定した品質を要求されるホームセンターに納品できないレベルで、その意味では道産品という点を考慮しても割高です。
一見すると仲洞爺炭によく似ていましたが、こちらは木炭そのものの品質は上なだけに惜しいことです。

なお出元は厚真のようですが、その厚真では木炭製造を止めたという噂を聞きました。
もしかしたら二度と手に入らない”遺産炭”になるかも・・・?
(2013年時点では既に販売していませんでした)

その後、管理棟では市販のマングローブ炭(外箱に某スーパーのPB品炭のイラストをコピーして貼付してましたテヘッ)を販売していましたが、せっかく地元で木炭を焼いているのだから地元の炭を販売してほしいなと思うのはkyanだけでしょうか…。

結論

炭そのものはよいので、大きさを見て購入を判断

コメント

  1. アバター しく より:

    こんばんは〜。
    あけましておめでとうございます。
    いやぁ、さすが、お師匠、年明けから炭レポですね〜。
    3kg420円と安いとはいえ、国産とは思えない、乱雑梱包ですね〜。

    今は、師匠に影響されて、七輪が欲しくなってます。。。
    また勉強させてもらいます。

  2. kyan kyan より:

    しくさん、こんにちは~
    あけましておめでとうございます♪

    箱に入るようにスコップでザックリ入れました、的な大雑把な梱包でした。
    いわゆる端炭ですが、売る側も買う側も気にしてないのでしょう…(苦笑)

    七輪、いいですよ~。
    実用性とロマンを兼ね備えたローテクアイテム、一度使うとBBQコンロが面倒臭くなってしまいます(笑)
    練り物なら千円かそこらで入手できますので、ぜひどうぞ♪