2020年のキャンプ遍歴をまとめてみた・後編

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、kyan(@sumibi_kyan)です♪

本日は、昨日に引き続き2020年を振り返るシリーズ後編をお送りします!

10月末にトモ・プレイパークにて

なお、前編はコチラです♪

スポンサーリンク

2020年キャンプ履歴 下期編

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK 1泊 10月6~7日 デュオ

キャンプ場:AKAIGAWA TOMO PLAYPARK

9月中旬以降のラッシュで体力の限界を迎え、10日程空けて臨んだツレとの赤井川。
オフトンのシュラフクリーニングの結果確認と、ツレにキンドリングクラッカーの面白さを体感してもらうのが主目的でした。
でも結局は、焚き火してチーズフォンデュして焼き鳥食って…いつもの日常キャンプ(笑)

チョコが具合悪そうだったので早めに撤収して動物病院へ連れていきました。
幸いなんでもなくて一安心。翌日はケロッとしてました。

チョコに大事なくてホントよかったです♪

秋の新規キャンプ場開拓③ 1泊 10月10~11日 知人と

キャンプ場:徳舜瞥山麓キャンプ場

いつもの知人と現地集合/解散した新規キャンプ場開拓。

地元の方が「キャンプ場にこんなに沢山の人がいるのは見たことない」と驚く大盛況で、辛うじて滑り込みで場所を確保できました。
雨が降ったりやんだりと悩ましい天気でしたが、焚き火を楽しんだ1泊でした。

山奥のマイナーなキャンプ場と思いきや、人だかりの人気キャンプ場でした!

別れと再生のキャンプ旅 5泊 10月17~22日 知人と/ソロ

キャンプ場:皆楽公園、吉野公園
前半2泊はいつもの知人と。後半3泊はソロキャンを楽しみました。
1度のキャンプで、誰かと一緒にキャンプすることの楽しさと息苦しさ。そしてソロキャンの孤独と開放感の両方を味わえました。
人との距離って難しいね。

ソロの時に灰ふるいをし、場所を移して新規キャンプ場開拓も(笑)
炭火で炙ったバゲットをカルディのエビクリームスープ?にディップしたのと、AEONで半額だった国産牛ヒレステーキを笑’sのおまけミニ鉄板で焼いたステーキがゲロ旨でした。

左が皆楽公園、右が吉野公園での写真です

薪ストーブシーズンの再開 1泊 10月31~11月1日 デュオ

キャンプ場:AKAIGAWA TOMO PLAYPARK

今シーズン初の薪ストキャンプ。
薪ストの豊富な熱源をフル活用して、ダッチオーブンでビーフシチュー煮込んだり、トロトロの焼き芋作ったりして遊び倒しました。
ヤベー楽しすぎる。

しかしマグネット式の温度計を導入して万全の体制!と思ったところに油断があり、熱で幕体が溶けるトラブル発生。
油断禁物。

チョコがトイレ以外の散歩を嫌がって、すぐに車へ戻ろうとするのが気がかりなキャンプでした。

薪ストーブで朝まで遊んでましたが・・・やりすぎた(汗)

晩秋の定番スポットにて 2泊 11月16~18日 デュオ

キャンプ場:オートリゾート苫小牧アルテン

この時期半額になるアルテンはココ数年の我が家の定番。
薪ストと炭火を存分に楽しんできました。

連泊なので燻製や牛スジ煮込みなど時間のかかる事をしながら秋の景色を楽しみ、緩やかに流れる時間を満喫してきました。

連れと行けた今年2回目の連泊キャンプ
あれこれトライできて楽しかった!

締めはいつもの場所で 1泊 11月25~26日 デュオ

キャンプ場:オートリゾート苫小牧アルテン

前回から間がないですが、スケジュールの都合で先週に続いて薪ストと炭火の共演を楽しんだ1泊キャンプ。
いつもどおり飽食して、飲んだくれて、炭火と焚き火の炎に癒やされていました。

最近キャンプがあまり好きではない(?)チョコも適度に散歩へ連れて行ってもらい大満足!
雪もなく気温が思ったより下がらなくて、イイ感じでした。

秋しか行ったことのないアルテンですが、場内に葉を落とした木々が生える景色が大好きです。

今シーズン最後のキャンプとなりました


その後も出撃予定はありましたが、新型コロナの感染拡大が進んだため「下手に風邪をひいても」ということで、大事をとってキャンセルしました。
結果として11月のアルテンキャンプがシーズン2020最後のキャンプになりましたね。
残念。

スポンサーリンク

総括

2020年は18回、計34泊(キャンプ場に宿泊しない車中泊はのぞく)しました。

シーズン2020で導入したギア

新ケシュア

これまで7年間使っていたケシュアAirのチャックが壊れてしまったので、代替品として購入。
あんまり気にしてなかったんですが真っ暗になるのいいですね。
でも朝はついつい寝すぎてしまいます(爆)
蒸着が不十分なのか、テント内はプラネタリウム状態なのがちと気になるところ。

NEWケシュア
快適です!

キンドリングクラッカー

9月に一括購入した薪が太すぎたので小割するため導入
安全にサクサク割れるので、ついつい割りすぎてしまいます(笑)

こりゃいいやと思い連れや知人にも使ってもらったんですが、反応はイマイチ。
どうも、割るという「過程」を楽しむよりも、焚き火ができる状態の薪という「結果」の方が大切だったようで、(面と向かってハッキリ言ってくることはありませんが)半ば迷惑がられました(苦笑)

・・・ガッカリ。

キンドリングクラッカー(愛称:キンクラ)

ハンモックスタンド

「木が1本しかない場所でもハンモックしたい」ということで導入。
2セット買って木がないところでもハンモックできるよう目論んだものの、うち1セットがいきなり不良品。

交換を依頼したら「在庫がないので返金させて」と言われ、「在庫がないなら仕方ないか」と思って了承したら、その後もシレッと売ってる・・・。
在庫ないんでなかったの?
なんだかなー。
北海道までの往復送料が勿体ないんですかね。

そして木が1本しかない場所でも、構造上地面をかなり選ぶので利用シーンが限られるかな。
うーん微妙。

ハンモックスタンド
見た目と裏腹に運用が難しい

EVAフォームマット

インフレータブルマットは片付けが面倒くさくて、簡単に設営撤収できてコンパクトになる折りたたみマットを購入。

確かに撤収は楽になったけど、厚さ2cmだとこれまでのインフレータブルマット(夏に使用するコンフィライトマットレス、厚さ3.2cm)と比較してはっきり寝心地は悪くなりました。

厚さ10cmの車中泊用銀マットの上に、このマットを2枚重ねにしたら気にならず眠れるかな。
悪くないけど、期待ほどではありませんでした。

折りたたみマット
薄くて軽くて手間かからないけど、寝心地は厚み相応です

火器を使った回数

炭火39回 焚き火25回 薪ストーブ4回
二代目七輪35回、初代七輪1回、切り出し七輪3回、ノースイーグル折りたたみコンロNE-1411 3回)
主力は二代目七輪で、その他のコンロは焼く食材が多い時に補助的に使いました。

二代目七輪

使用した木炭

使用した炭:7種類、約26kg

えびす備長末広備長炭M6駒ケ岳木炭、岩手なら切炭、キャンパーズコレクション木炭フィッシュランド木炭、ビバホーム木炭)
今年は、早期にレビューすることを強く意識して計画的に利用していきました。
最近は製炭技術が向上しているのか、同じ炭種(たとえばオガ炭ならオガ炭の中で)ならば差を感じることが少なくなってきています。
嬉しいやら、ちょっぴり寂しいやら(笑)

完全に熾きると、真っ赤な宝石のような輝きを見せてくれます♪

スポンサーリンク

コメント

コロナで世界が一変した一年

新型コロナウイルスが大流行して日常が一変したシーズン2020。

これまで聞いたことのない「ソーシャルディスタンシング」「三密」などの言葉も、今ではすっかり板につきましたね。
何かと制約を受け、あらゆる常識が変化して戸惑うばかりの1年でした。

キャンプ場は近年のブームに加え、三密回避の安全レジャーという位置づけで一気に増えて芋洗い状態に。
週末を中心に入場制限が起きる程の大盛況を示していました。
同好の士が増えることは歓迎すべきですが、従来なら誰もいないような山奥のキャンプ場にまで多くの人が来ていて、「こりゃダメだ」と思いましたね。
一酸化炭素中毒事故やガス缶爆発事故など、人気の「影」もチラついてましたね。

キャンプ場も場所により、またキャンパーの中でも意識の差が大きくて、価値観の違いを肌で感じた1年でもありました。

kyanは受付時や炊事場/トイレでのマスク着用、こまめな手洗いやアルコール消毒、対面での会話を控える等々を心がけた他、なにより人混みが苦手なこともあり週末の出撃は極力避けました。しかし、これらの対策で十分かどうか、模索しながらのシーズンだったように思います。

来年はワクチン接種も始まる予定とのことで、好転するとよいのですが。
1日も早い収束を願っています。

来年やりたいこと・欲しい物

最近はスタイルが固まってきて新規でやりたい事や欲しい物もあまりありませんが(歳とった?)、強いて挙げるならば…、

・続々と新規OPENするキャンプ場潜入(?)
・薪ストinできる一人で立てられる幕を導入
・長期キャンプできる体制を整える

といったところでしょうか。
でも、「凄くやりたい!」って程でもないんだよなあ。
むしろもっといろんな木炭を使ってみたい(笑)

ブログ更新の合間合間に、近況もお伝えできればいいな。

本年もありがとうございました!

なお年内の更新は本記事をもって終了し、来年は1月3日より更新を予定しております。
本年も「炭火に魅せられて」をご覧いただき、ありがとうございました。
みなさまよい年末をお過ごしください♪

+1

コメント

  1. アバターORION より:

    データに基づいたブログは読みやすく、楽しませていただきました。

    今年は偶然kyanさんとお会いできチョコちゃんにも会え、
    ブログがよりリアルに感じられるようになりました。
    来年も楽しみにしています。

    kyanさん、皆さんともよい年をお迎えください。

    +1
    • kyankyan より:

      ORIONさん、こんばんは♪

      本年はインスピレーションが湧く数々のコメント、ありがとうございました!
      やり取りの中で答えが見つかったこともあり、大変参考になりました。

      かねがねお会いしてみたいと思っていましたところ、お会いでき嬉しかったです。
      チョコも楽しかったようで、帰りも満足そうにしていました。

      来年も、対象がどんなものか伝わる記事を心がけていきます。

      ORIONさんも、よい年をお迎えください😃

      0