【レポ】仲洞爺キャンプ場

本日は、壮瞥町にある「仲洞爺キャンプ場」をご紹介します。

(掲載日:2012/01/17 最終更新日:2017/08/17)

(写真:現地管理棟。繁忙期以外は閉鎖-「来夢人の湯」で受付)

スポンサーリンク

キャンプ場の位置

※繁忙期は9時よりチェックイン可能

基礎情報 キャンプ場紹介(壮瞥町の観光情報サイト)
住所: 北海道有珠郡壮瞥町仲洞爺30-11
連絡先: TEL 0142-66-3131(現地管理棟)
TEL 0142-66-7022(来夢人の家)
料金体系: 入場料(キャンピングカーは別途)
料金: 大人(高校生以上)450円、小人(小学生以上)340円
キャンピングカー入車料 1台300円
宿泊施設 プレハブ小屋2000円
時間: イン:10時~/アウト:~14時
ゴミ処理: 可(無料、4分別)
車の乗り入れ: 第2サイト・キャンピングカーサイトは可
ペット: 第2サイト・キャンピングカーサイトは可
備考: センターハウスで販売している木炭のレビューはコチラ
  

kyanの率直な感想  
利用日: 11回 計17泊
(2015年)7月29~8月2日 4泊
(2015年)7月12~13日 1泊
(2014年)6月28~29日 1泊

(2014年)5月31~6月2日 2泊
(2013年)6月1~2日 1泊
(2013年)5月11~12日 1泊
(2012年)9月28~30日 2泊
(2012年)4月28~30日 2泊
(2011年)10月1日~2日 1泊
(2011年)6月25~26日 1泊
(2011年)6月11~12日 1泊
利用目的: ソロ・デュオ
総合点:
サイト構成: 全体として洞爺湖と並行したつくりで、第1サイトと、第2サイトに分かれています。基本は芝生の林間サイトですが、湖畔際は石が転がっていたり土が露出しています。

第1サイトと第2サイトの違いですが、前者が「広くて設備は整っているけどオート・ペット不可」なのに対して、後者は「狭くて設備もほとんどないけどオート・ペット可」が大きな特徴で、キャンパーは目的に応じて選択しているようでした。

面積で言えば第1サイトの方が圧倒的に広い他、第2サイトにはトイレがありません(第1サイトまで片道数分の散歩)。また、水場は第1サイトに3箇所、第2サイトに1箇所あります。最も立派な水場には、炉が併設されていました。

その他、キャンピングカーサイトもあります(要入車料)。

良いところ: ・広々としたサイト構成
 洞爺湖に並行したつくりで、多くの利用客が湖畔に設営可能。
 水遊びもできますし、湖の抜群の景色を眺めつつのんびり過ご
 せるのは魅力です。また、第2サイトでは普通車の乗り入れも
 可能ですので、オートキャンプも楽しめます。

・直火使用可能
 最近では数少い直火可のキャンプ場。
 湖畔際には先人達の遺した「炉」があちこちにあります。
 ただし草や芝生の上では禁止なので、そういったところでは
 コンロや焚火台が必要です。

 ※2013年度より直火禁止になりました。ロゴスのピラミッドグリルを
 1回300円でレンタルしています


(「炉」。男の子はこういう「工作」が大好きですw)

・シンプルかつリーズナブルな料金体系
 入場料(大人420円)のみでOK。
 タープを張っても追加料金はかかりません。

・チェックアウト時間が遅い(14時)
 14時まで滞在可能のため、半日楽しんだ後でゆっくりと撤収でき
 ます。宿泊目的ならいざしらず、キャンプそのものを満喫できる、
 嬉しい設定です。
 (多くのキャンプ場は11時アウトなので、翌日は朝食とって
 即撤収するか、別途デイ料金がかかります)

・ゴミは無料回収OK
 仕分けは4分別です(可燃・不燃・ペットボトル・ビン缶)。
 ゴミ持ち帰りの多い中、こちらでは基本料金のみで回収してくれます。

・付近は温泉天国
 ちょっと車を走らせれば洞爺湖温泉街、北湯沢温泉、登別
 カルルス温泉と、入る風呂に事欠きません。また敷地内には
 「キムンドの湯」があるため、手軽に暖まることも可能です。
 (入浴料390円、ただし貴重品ロッカー有料、100円)
 ※2014年度より420円に値上げ

気になったこと: ・車の走行音
 場所にもよりますが、深夜早朝は並行する道道を走行する車の音が
 聞こえます。テントって薄い布ですからよく聞こえるんですよね…

・薪の品質が低い
 一巻400円で販売しており、kyanは三度購入しましたが…、
 いずれもよく爆ぜるのと、保管中にキクイムシがわんさか出て
 随分泣かされました。
 ※2014年度より500円に値上げ
 ※2015年度より600円に値上げ


(管理棟で販売していた薪。一見すると問題なさそうですが…)

 近隣の間伐材のようでしたが、値段と品質のバランスが…。
 かつて数カ所のキャンプ場やホームセンターで購入しました
 が、このような事は一度もありませんでした。


(キクイムシ。食い散らかしたおが屑で大変なことに…)
どちらともいえないところ: ・所々にある街灯
 kyanは割と便利でしたが、人工物を好まない方もいらっしゃるかも
 しれません。設営場所を工夫することで、灯りをサイトに取り込む
 ことも、また遮ることも可能です。

・虫が多い
 水辺なので、やぶ蚊の類いが多いです。夏は要注意。

・キャンパーも多い
 土日祝や夏休み時期にはかなり混雑します。ただし、横広なサイト
 構成のお陰で、テントを張れないという事は少ないと思います。

 kyanはあまりの混雑ぶりにテンションが下がってしまい、
 テントを張らずに帰宅したことがあります(T_T)

感想: 多言を要しない超メジャーなキャンプ場。

雰囲気よし、使い勝手よし…と、沢山のキャンパーから絶大な支持を得ているのも納得で、ソロでもグループでもファミリーでも、それぞれが快適な居場所を見つけられるでしょう。

kyanはビール片手に洞爺湖を眺めつつ、炭火をいじる瞬間が幸せですw

トイレや炊事場は多少年季を感じるものの、綺麗に清掃されており安心して利用できました。

なお買い出しが難しいため、食材は事前に揃えていくとよいです。


(洞爺湖町内のセイコマ&Aコープ)

 洞爺湖といえば温泉街で連日花火大会をやっていますが、天候と場所によっては微かに眺めることも可能でした。

【結論】
サイトの模様(画像をクリックすると拡大します)

(左:ゴミ捨て場。要分別です 右:お手洗い。1箇所しかありません汗)

(写真:第1サイト入口。荷物はリヤカーで運びます)

(左:リヤカー。第1サイト用です 右:駐車場)

(写真:炊事棟。屋根付きなので降雨時にも安心ですニコッ)

(写真:いずれも第1サイト。場所によって雰囲気が若干異なります)

(左:第1サイトと第2サイトの境界 右:あちこちにある「炉」)

(写真:いずれも第2サイト。左は6月、右は10月撮影)

(写真:昼間に第2サイトから見た洞爺湖)

(写真:夕方に第2サイトから見た支笏湖)

(写真:来夢人の湯。ソフトドリンクやアイスも売ってますドキッ)

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. BISNMO より:

    洞爺湖はどこもメジャーです(笑)。

    ここはキャンプする前に一度訪れました。

    繁忙期の混みかたは…すごいです(汗)。

    あ〜、道北でも兜沼なんか雰囲気最高なんですが…、利用者少ないです(平日)。

  2. kyan kyan より:

    こんにちは~
    確かに繁忙期は混みますね~昨年は真夏の訪問を最初から諦めていました。

    兜沼もよいとこですね~ 早くキャンプ場紹介したいです(笑)