仕事明けの道北ソロキャンプ②(8/26)

スポンサーリンク

8月26日(金) 初山別~羽幌~初山別

本日は、サプライズの連続でした!

前日はコチラ 3日目はコチラ 4日目はコチラ
まとめはコチラ
当日の速報はコチラ   

1.設営

7時半起床。
日差しが強くてテント内はサウナ状態(;´Д`)
テントから出てウトウトしてると、希望のスペースが空きそうなので待機してました。
先客は8時過ぎに撤収したため、さっそく設営開始。

まずはタープ。
景色とオート性を両立できるスペースは前後のスペースが限られていため、無理なくロープが張れるギリギリの場所に展開しました。

タープの張り方は百人百様、目的やスタイルに応じて自由が効きそう…ならば色々なパターンで張ってみたい!と思い、毎回何らかの工夫(というか人柱)を凝らしています。今回はというと、後方のポールをロゴスのプッシュアップポールにし、高さを低めにしてみました。

テントとタープの隙間から覗かれる機会を少なくするのが目的ですが、その効果は・・・?

ロープの微調整を繰り返し、そこそこ形になったところでテントを移動。
昨夜運び込んだアイテムのうち、重い物を外に出して地面を引きずるw
ペグダウンして完了。


(完成時。プッシュアップポールでの高さ調節は15cmしか差をつけられず、ビミョーでしたタラ~)

ひと通り終わったところで、パンとパインジュースで朝食。
ここから見える空と海と湾曲した崖が続く陸地を眺めながらだと、何の変哲もないコンビニ飯が高級ホテルの朝食にも勝ると思えてくるから不思議です。

2.たーさんとの邂逅

空といえば、海上から黒い影が忍び寄っていました。一雨やってくることは天気予報で知っていたため、「雨も来るようだから、炭をセットしてでかけようか」と思案していると、駐車場に一台の車が乗り付けました。

「これから天気悪くなるのにキャンプなんて酔狂だな」と(自分を振り返らず)思っていると、白いBMW。

白いBMW?

「ん~?」と思っていると、見知らぬ男性はコチラへ近づいてきます。
…そうです、いつもブログにコメント頂いているta~sanでしたビックリ
自身のキャンプ帰りに迎撃していただいたとのことで、感謝感激。

特に自己紹介することもなく、ブログ、道具、キャンプ場…様々な話題に華を咲かせました。
晴れていれば七輪取り出して炭談義もしたかったのですが、タープが吹き飛びそうになって実現せずw

というのも、ポツポツ…「来たな」と思っていたら、あっという間に土砂降り。


(イヤ~な雲が…この後の展開は予想通り雨)

風も強く、タープが今にも吹き飛びそうです。
「タープの本領発揮だな」と鷹揚に構えていたら、ソリステじゃない通常ペグが1本どこかへ飛んで行きましたガーン
「あ~…やっぱり」と思いつつ、土砂降りの中で再度ペグダウン(後に、普通のペグをもう1本打ち付けて2本体制にしました)。

ひと通り話が済んだところで、お開きに。
ネットで知り合った方々は皆さん素敵な方たちばかりですが、ta~sanもその例外ではありませんでした。どこかで再びお目にかかりましょう!

あ、写真撮り忘れた…ニコニコ

3.買い出し

さて、土砂降りの中でテントに引き篭ってもつまらないので、羽幌まで「昼飯」、「温泉」、そして「買い出し」へ行ってきました。

途中、雨が降ったり、路面が乾いてたりと、場所によって様々。
「天気ってこんなピンポイントに変わるものか」と改めて感心です。

*昼飯

まずは腹ごしらえを…ということで、町外れにある「北のにしん屋さん」へ。
ここは美味しい物が割安に食べれるので、kyanの定番スポットです。
ついでに「ウニでも買って焼きウニでも…」なんて考えていましたが、希望は一枚の張り紙で打ち砕かれました。

「臨時休業」

え~~~~~~~~~~~~~!?
臨時休業ってことは今日は食べられない?
炭焼き食材も仕入れられない??
…愕然です。
何しにここまで来たんだろうか、とまで思いました。

がっかりしてばかりもいられないので、第二候補へ移動。
町内にあるお食事処「鶴」は食べログ等の口コミで知った店で、旅行前に「北のにしん屋さん」とどちらへ行くか迷った店です。ある意味で当初の予定通り(?)。

店内はがらんとした感じで、数組の地元のお客さんがいました。
食べたかったウニ丼はなかったので、メニューにあった甘エビ丼(1200円)と盛そば(550円)を注文。
甘エビが食べたかった一方、口コミだとそばが美味しいということであわせて注文。
あいにくセットはなかったので単品でした。

で、出てきたのがコチラ。


(左:単品注文なのにワンプレート…汗 右:甘エビ丼の盛ってあった器…小さっ!ビックリ)

甘エビ丼
透明なサラダボウルのような器に、エビが盛られて出てきました。
最初、「あれ?エビ刺を頼んだ覚えはないのにな?」と思いつつ、よく見ると下に半ライス位のご飯が入ってました
甘エビは臭みもなく新鮮そうでした。
味噌汁は・・・たぶん出来合いの物に磯海苔を入れたと思われるもの。
「あれ?料理屋さんの味噌汁ってこんなもの?」
沢庵は普通でした。
これで1200円?!
これが「北のにしん屋さん」なら、700円でもっと甘エビもご飯も多いし、味噌汁も工夫してちゃんと作ってたけど??

盛そば
やや細めの麺で喉越しはよい。
味は・・・なんとなく作りおきな気がしますが、蕎麦はよくわからないのでこれ以上のコメントは控えます。
残念だったのは、いくら待っても蕎麦湯が出てこなかったこと。
まぁ、550円という価格相応でしょうか。

居酒屋としては割合評判良さそうですが…
ランチタイムにkyanが来ることはもうないと思います。

さて、がっかり二連続でしたところで、傷心を癒すべく(?)温泉へ行きました。

*温泉

前回に引き続き、「サンセットプラザ」にて入浴、マッタリしました。
加水してるとはいえ、土色のお風呂は結構好きです。露天風呂があるのも○(日陰ないのが…ですが)
風呂上りにマッサージ機にかかり、その後はしばらく爆睡してました…かなりお疲れ気味のようです。

*買い出し

町外れのホクレンにて、殻付きウニ、ホタテ、トウキビ、サツマイモを購入。
ブツをクーラーボックスに格納するところで、ウニの刺が指に突き刺さって流血。
消毒薬も購入するハメに男の子エーン
セイコマで酒と飲料を購入し、戻りました。
帰路は結構眠かったです。

4.夕食

帰着してみると、それなりにテントが増えていました。
平日とはいえ人気のキャンプ場、さすがにのんびりはできないようだ。
設営しているグループを眺めつつ、炭火準備。

火熾し

今回は、消し炭+マングローブ炭1片+オガ炭の構成で。
24分とまぁまぁの成績。
特に苦労することなく熾きました。

BEFORE
(熾す前。空気が通るよう、意図的に隙間を作ることがポイントです)
AFTER
(熾きた後。マングローブ炭の目減りっぷりと言ったら…汗)

炊飯

2合+土鍋+カセットコンロで。
目を離さず炊き上げたせいか、上々の出来具合(忠類の時みたいなヒット作ではありませんが)でした。

(しゃもじの有無で扱う手間が大きく変わります)


焼き焼き

トウモロコシ

炭が落ち着くまでのつなぎとして定番アイテム。
ボーッと夕陽を眺めながら焼いていたら、あっという間でした。

ホルモン

炭が落ち着いたところで、昨日購入した肉屋さんのホルモン。


(結構いいお値段しました…量不明。)

袋を開けただけで、今まで食べてきたホルモンと違うのがわかります。
まず臭いがない
正確には真だち(たらの白子)のような臭いですが、嫌な臭いではありません。
「これは何かが違うぞ!」、期待度はより高まります
網の上に置いても、予想していた程には煙も上がらず、じんわり焼きあがります。
店主曰く「サッと軽く炙って食べて」とのことでしたが、最初はよく火を通しました。

口の中に放り込むと、最初の臭いそのままクリーミーで、上質な牛の旨みを感じました。
店主の「内臓も肉」という言葉を思い出します。


(身離れがよく、プルンッ!とした食感がたまりませんでした…)


タレは塩タレとノーマルなタレの2種類をいただきました。
ちょっと舐めてみて…旨い!
なんというか、焼肉屋さんの味ですw
普通のタレ・・・甘みを残しつつピリ辛な味わいで絶妙です。病みつきになりましたw
塩タレは、「焼きそば弁当の粉をタレ化しました」といった感じ。
店主が「このタレとホルモンで焼きそば作る人もいるんだよ(てかそんなに量くれなかったじゃんw)」
といっていた通り、焼きそばにしたらおいしいでしょうね。

ただ、ホルモンを噛んでいるうちにタレだけ先に流れてしまいます。
合わせるなら、ツケダレとして使うか、もしくはもう少し粘り気のあるタレだとよいかも?とか思いました。

ただ、ホルモン自体、あまり好きではないせいか(ぉぃ、食べてるうちに満腹です^^;

サンセット

午前中の荒天が嘘のように、真っ赤に染まった海景色。
この時ばかりはキャンパー以外にも多くの人が鑑賞に訪れます。

撤収


(写真:ランタンはEX-777XP。元々明るいケド、タープに反射してより明るく感じました)


腹が満たされるにつれて、猛烈な眠気が…ZZZ…

風呂上がりから微妙にだるかったので、マッサージで体がほぐれたことによって疲れが引き出されたようです。

炭を継ぎ足したばかり、かつ食材がまだ大量に残っていたので、続けるべきか迷いました。
ですがこういう時に食べても美味しくないし、「自分のやりたいようにやろう」と思い直し、撤収を決断。

とはいえ夕日と利尻富士を眺めながら食べるホルモン、北斗七星を眺めながら食べる炭火料理は最高でしたよ!

空を見上げると、満点の星空。
心の洗濯? 日常の喧騒から離れてすっかりリフレッシュしました。

就寝

ブログにコメントを書いたり、明日の予定を考えてるうちにいつの間にか眠っていました。
夜中に車が何台か入ってきて、駐車場の近くだけに煩かったり眩しかったりしたのは盲点でしたが、概ねぐっすり眠れました。

コメント

  1. たーさん より:

    失敗したな〜。

    (炎_炎)メラメラ

    夜襲撃して手足縛ってから、食材奪えば良かったな〜…お腹空いてきた…。

    次回!

    闇討ち!

    いやいや、箸と茶碗は持参します。

    ホルモンは大丈夫ですから、二人前用意してくださいね。

    サガリ、カルビあれば文句なし(文句言える立場じゃございませんけど…)。

  2. kyan kyan より:

    たーさん、こんにちは!
    先日はありがとうございました(^^)

    翌日勤務ということで敢えてお誘いはしませんでしたが…w
    二人食べても腹いっぱいになるくらいの食材は持参してましたyo!

    サガリやカルビは最近食べてないなぁ~
    最近、こってりした食材を受け付けなくなって、あまり買わなくなってしまい…(涙)

    闇討ち、楽しみにしてますw
    もちろん、返り討ち!
    午後5~9時位に襲撃すると晩飯にありつけるかと思います(^^)