秋の恒例宴会キャンプ’10①(9/18)

9月に一時帰省した際、気心の知れた仲間内で定例(?)キャンプを催行、マオイオートランドへ行ってきました。

今回はその時の記録です。

<2日目はコチラ><まとめはコチラ

スポンサーリンク

9月18日(土)札幌~長沼マオイオートランド

出発

久しぶりのキャンプに、準備に手間取り、はや13時。ちなみに集合予定は13時…汗
そんな訳で、今回は自宅から直行しました。
いつものルートをいつものペースで走行。途中、JAの売店(スーパーとはとても呼べない…)でペットボトルのお茶を購入。当初はセイコマで購入予定でしたが、市街地の店舗が、いつの間にか撤退していました。地方は疲弊してるのでしょうか…。

14:30 到着

既に設営は完了しており、二人はというと、缶ビール片手に待ちくたびれていましたタラ~
ところで、見たことない(キャンプ場では見たことあるけど…)幕が…。そう、今回は雨が予想されるということで、がーさんがタープを新調してくれました!ニコニコ 新しい物を見ると、否が応でもテンション上がります!


(左:サイト全景、右:3年ごしで導入w

まずは火熾し


(写真:ビフォーアフターw)

七輪に着火剤、割り箸、炭をセット。使用済の割り箸が足りず、貯めておいた竹串とアイスキャンディーの棒でカバーしましたニコニコ
炭は消し炭⇒マ炭(黒炭)⇒オガ炭(白炭)のオーソドックスな構成。着火剤は1.5本。煙突セットをかぶせて、あとはひたすら放置です。
※所要時間26分(14:53→15:19)と標準的な結果でした。

次はバケツコンロ。目的はセカンドコンロとしての他に、熾きた炭をストックすること。こうすることで、七輪単体より運用に幅が広がります。こちらは、マングローブ炭のみで熾しました。たきつけ2片と割り箸で着火します。が…今回のマングローブ炭は、熾きる時に強烈な臭いを発しました。世間一般では粗悪炭に分類される炭といえます。しかし、炭化しきっていない分だけ着火は早く、わずか8分(15:02→15:10)で熾きましたw

準備

待ってる間に、マイテントの設営。
今回は寝るためではなく、日干しのため。本当はこのテントで一泊位は寝たかった(2010年度は結局未使用でした…)のですが、今回は一時帰省。降雨の際には濡れたまま長期保管することになるため、泣く泣く断念しました。


(コイツを見かけたのは、今年はこれっきりでしたガーン)

その他にも、イスやらテーブルなにやら小物類を分担して設置したり、炊飯のセットをしたり…結構忙しいものの、いつものメンバーなので、てきぱきと進んでいきます。

焼き焼き♪

火が熾きたところで、七輪&バケツコンロを風下からタープ前に移動し、焼き焼き開始です。この時はまだ天気が良かったため、焼き物はタープの外ですることにしました(新品だしねw)


(今回も食材盛りだくさん!)

まずは定番の牡蠣

厚岸産Lサイズが20個です。焼き上がるのももどかしい程に期待していたのですが…ところが、味は参加者一致で最悪。貝は小ぶりなのはいいとして、生食/焼き問わずに臭かったです。そして貝殻の中は、「マズい牡蠣特有の」紫色の汁が…。


(写真:見た目は良かったんですが…)

最近、この業者の価格高騰ぶりと、(ナマモノであるという特性を考慮しても)品質の当たり外れの大きさが気になっています。ちなみにその店は対面販売もしていますが、ネットでは対面販売より高い値段(二重価格)を提示している上、このクオリティでは…。ちょっと考えてしまいました。

「大手門」の塩ホルモン

ナッツ系のタレが染み込んだ「大手門」のホルモンは、まさに炭焼きにピッタリ。噛むと口いっぱいに広がる肉汁と染み込んだタレの融合物が幸せを運びますw

お次は鹿肉。その名は「蝦夷鹿肉」、白糠産です。
鹿というと、臭味があって敬遠する向きもありますが、今回のお品は、ロースを焼肉のタレで漬け込んだ一品です。臭味はなく、普通に焼肉として美味しかったです。もっとも、鹿肉で無ければならない積極的な理由はないかも・・・?

この辺りで、カセットコンロ+土鍋で炊いたご飯が完成。土鍋は水分等が多少アバウトでも美味しく炊けるため、大変重宝しています。ご飯が炊けたので、早速ジンギスカン開始。

長沼タンネトウ ロース(1kg)

「キャンプするならジンギスカンは外せない」ということで、がーさんに買ってきてもらったのがコチラ。最初、かねひろとタンネトウを混同してました。kyanは生姜の味が効いてる(?)かねひろの方が好きなのですが、コレはこれで全然美味しい。秘伝のタレに浸け込まれた肉には羊の臭さがなく、ただただ旨味だけが残っていました。
もやしがあっという間になくなりましたw

白米(ほしのゆめ) 3合
今回も土鍋&カセットコンロ使用。火加減と時間は適当(確か強火15分を目安にしていました)。結果は大成功!米はふっくらあまあま。適度にお焦げもできていい感じでした。
きよぴーと二人で食べましたが、折半してあっという間に消化。翌日まで保ちませんでしたニコッ

用意したジンギスカン&ご飯はあっという間に完売したため、温泉から戻ってきた後で食べる予定のトウモロコシやツブを、前倒しで焼くことにしました。

トウモロコシ&ツブ貝(厚岸産)

いずれもTKKキャンプには欠かせない一品。

トウモロコシはきよぴー持参品。焼くだけ焼いて、入浴後に食べたのですが、いつも通り甘くて美味しかったです。

ツブは相変わらずのウマさ。もっとも、それは「がどや」のツブタレがあってのこと。率直に言って、予め下処理(ボイル)した加工品を、炭火が直接当たらない貝殻の中で煮焼きするのだから、炭火である必要は無い気がします。しかし、タレが炭火に落ちて焦げる香ばしい香りは、炭火焼ならではといえるでしょう。

なお、標準添付のツブタレは釧路に置きっぱなし。発泡スチロールから冷凍庫に移した奥様曰く「保冷剤かと思った」という残念なお言葉汗

この辺りで午後8時過ぎ。隣接する長沼温泉の営業時間が午後9時までのため、温泉で汗と炭火の臭いを落とすことにしました。
温泉といってもキャンプ場隣接、徒歩5分程度のため、気軽に浴びに行けるのがココのよいところです。

温泉

中はかなり混雑していて、着替や体を洗うのに苦労しました。泉質はやや薄い?と思いきや、空からポツポツと水分が…
「こりゃ早めに出た方がいいね」ということで、予定より切り上げて出てきました。しかし、温泉を一歩でると、ザーザー振り。…間に合いませんでしたガーン
天気予報から、雨降りは夜中から朝にかけてと思っていたため、これは予想外の展開でした。傘はテントに置いてきてしまい…、結局小雨になるまで待ち、あとはタオルを頭に巻いて戻り。せっかく温泉で暖まった体が、一気に冷えてしまいました(T_T)

その後・・・

戻ってみると、外に出しておいたものは見事にずぶ濡れ。イスは座面に水が貯まって散々な状態になっていました。あまりの惨状に、誰からも声一つ漏れること無く、タープ内へ撤収作業を開始。
炭も消し缶に移して消しました。
肝心のタープも、屋根に蚊帳を吊るしただけのものだから、雨が入ってきていました。

さて、撤収も概ね終わり、テント内で一息つくと、誰からともなく「なんか食べたいね」との声が。もう火は落としたのに…と思ったものの、そこは炭火好きのメンバーテヘッ
さらによく考えてみると、消し缶に入りきらなかった炭が外で燻っていることを思い出しました。それらを回収し、さきほど消し缶に投入した消し炭を投入も投入して再度熾してみました。

温泉後の第2ラウンド

焼きツブふたたび

まずは、温泉へ行く前にも食べたツブを焼きました。
絶妙な歯ごたえに加え、がーさん秘伝のタレを染みこませたツブは何度食べても飽きません。自然、予想外の雨で疲れた顔にも笑顔がほころびます。

牛トロの切り落とし

ひと通り食べた後、「まだ食べれそうだね」ということで、牛トロ切り落とし(帯広産)を。実際には「いろんな部位のブツ切り焼肉セット」といった具合です。どの部位かよくわからないまま、ガンガン焼いて食べました。

味が濃厚な分、あまり多くは食べられないので、3人一袋でちょうどよいくらい。ご飯と一緒に食べると良さげでしたが…、とっくの昔に無くなった(3合炊いて2人で完食済)のが悔やまれます男の子エーン

ところで、「牛トロ」との名前から、トロっとした味わいを想像していましたが、実際には普通の和牛肉の味でした。とはいえ、「通販じゃなくて普通にお店で買えたらなー」、と思う一品でした。


(写真:牛トロ切り落とし)

漬けマグロ

その次に頂いたのは、漬マグロ。がーさんが半額の刺身用マグロを秘伝のタレに浸け込んできた一品で、さっと炙って食べました。秘伝のタレがマグロの味わいを一層引き立たせています。これなら、タレさえあれば朝作って持ってきても、食べるころには浸け込まれていい感じかもしれません。

今後、この漬け込み系が流行する予感(笑)

この間、お互いの近況報告やら、とあるスマートフォンのroot奪取作業やら、キャンプというより普通に呑んだくれていました(笑)

昔はこういう生活が当たり前でしたが、互いに多忙になった最近では、こういう時間の過ごし方は実に贅沢で、かけがえの無いイベントなのだと再認識しました。

ぐだぐだ呑んでるうちに、まずはきよぴこさんが撃沈。その後、がーさんが撃沈。最後にkyanが後始末して寝ました(笑)


(撃沈の図w)
(翌日へつづく

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. たーさん より:

    (T_T)

    ご飯食べながら読んでたら、無性に焼き肉が食べたくなるブログです。

    肉食べたい!

    ずるい〜、いきなりブログ更新で美味しそうな話…

    ご飯食べたのに満腹になりません(泣)

  2. kyan kyan より:

    たーさん、こんにちは!
    更新してる本人もお腹が空いてきました(爆)
    今年も、早く焼き焼きしたいです!