【レビュー】フィッシュランド マングローブ切炭 (FC-515、マレーシア産)

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、kyan(@sumibi_kyan)です♪

本日は、北海道のあちこちに展開する大手釣具店・フィッシュランドのPB品マングローブ炭をレビューします。

マングローブ切炭 FC-515

スポンサーリンク

フィッシュランド マングローブ切炭レビュー

来歴

2014年6月にフィッシュランドのセールで2箱購入(税込321円/3kg)

主にダッチオーブン・たきつけ用として七輪や折りたたみBBQコンロにて10回、約4kg使用しました。

スペック

・原産国:マレーシア
・原材料:マングローブ材
・輸入元:COUWA
・JANコード:4560388041928

木炭箱 外観

単価

107円/kgで、きちんと3kg以上入っていました(これ大切)

重量計が2kgまでなので、分割して計測しました♪1787+1369=3156gありました(ビニル袋の重量で多少前後はあると思います)

箱サイズ

27.0cm×16.0cm×16.5cm(H) 60サイズ

コンパクトにまとまってます。

木炭はサイズを整えてキレイに入っています。

大きさを揃えてきれいに整頓されています

炭の形状:切炭

大きさは概ね均一で、極端に大きかったり小さかったりする炭はありませんでした。
BBQコンロにちょうどよいサイズにカットされていますので、七輪で使う際には割る必要があります。

ズシリとくるしっかりした焼き具合でした

重量調整用でしょうか?破片炭が若干含まれていた。たきつけ用として活用できます。

炭はビニル袋に入っている

炭粉が箱の外に漏れにくいので助かります。
厚手のビニル袋なので、破れにくくて好印象でした。

ビニル袋に包まれています

叩いた時の音

ガサガサとした音ができます(木を叩いてるような音)

使用感

様々なコンロで使ってみました♪

着火性能

たきつけとしてオガ備長炭を着火させた際には13~33分
BBQコンロで単体で着火させた際には21~59分かかりました。

なお、焚き火に投入した際は10分弱で真っ赤に熾きました
時間だけ見ると着火性能は低めですが、大きな破片が大きい分だけ火熾しに時間かかる点を考慮する必要があります。

いずれの時間もBBQ木炭(マングローブ炭)としては一般的かなという印象です。

着火時臭

火熾しの際には酸っぱい臭いがしました。
完全に熾きてしまえば気になりませんが、食材を焼いてる最中の継ぎ足し用途には不向きです。

火保ち

小さい破片だと1時間以内、大きな破片は1時間半~2時間でした。
BBQ木炭(マングローブ炭)としては一般的ですが、オガ備長炭と比較するとやや短いかな。

火力

BBQ木炭(マングローブ炭)としては一般的でしたが、炎が上がるほどは強くなく焼き物にも便利でした。

このくらい熾きたらかなりの火力です

灰量

未計測

灰の色

白色でした。

消し炭としての再利用

不可
形が小さくなりすぎて破片しか残らないため、ロストルに引っかかりませんでした。

感想

安定した品質のマングローブ炭でした。
(余談ですが、チェーン店の看板を掲げてるPB品は品質管理されていることが多く、安心して利用できます)

一般にBBQ木炭(マングローブ炭)は鍋や鉄板での使用に適していますが、この木炭は網焼き料理でもオガ備長炭と遜色のない出来でした。

オガ備長炭は単体での火熾しが困難なため、こうした木炭との併用が大変便利です。
何かしら用意するならば、次回のリピもありかなと思いました。

【結論】見つけたら一箱はストックしておきたい高品質木炭

1+

コメント