乾燥撤収!

スポンサーリンク

ゴミ袋撤収を覚悟してましたが、奇跡的に乾燥撤収できました♪

帰路、雨が降ってきたのでラッキーです♪

ただ、他のキャンパーさんのワンちゃんに太ももを噛まれてしまいました…咬み跡が…イタタタ(涙)

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 北海 より:

    乾燥撤収何よりです♪

    噛まれた?マジで?
    大丈夫ですか?
    太ももって(悲)
    歩けるんですか?
    心配です。

  2. kyan kyan より:

    北海 さん、こんにちは♪
    お気遣いありがとうございます。

    ジンジン痛みますが、その日はなんとか自力で歩けました。
    感染症が気になったので念のため救急病院へ行きましたが、
    幸い症状は軽そうで抗生物質をもらってきました。

    テントを日向で乾燥させてた際、そこに設営したキャンパーさんがいたので
    回収に行った所、ガブリ。
    最初は何が起きたのかさっぱりわかりませんでした。
    (乾燥テントを回収に行ったkyanを先方のワンコが「領土侵犯」?襲ってきて、
    その際にリードを引っ掛けてたペグごと抜けて放し飼い状態になったようです)

    トラブルは身近にいつも潜んでいると、いい勉強になりました…。

  3. Gian より:

    kyanさん、災難でしたね!

    お話からするとイヌも本気で噛んだようで、早く治ると良いですが・・・・
    お大事にしてください。

    キャンプのように、一時的な場所でも縄張り意識があるのですね!
    私も気をつけます。

  4. kyan kyan より:

    Gianさん、こんにちは♪
    お気遣いありがとうございます。

    幸い、ジャージ履いてたので最悪の事態は免れました。
    経過を見ますが、化膿したり感染症にかからなければいいなと思っています。

    どのワンコも噛むわけではなく、これまでのしつけと普段の生活の結果です。
    小型犬はその愛くるしさから、可愛がられて「お山の大将」になっている例が散見されます。他者との接触が少ないので社会性が身についていない場合もあり、見た目で判断して迂闊に近寄ると危険だなと思いました。
    (今回は避けようがなかったのですが…)

    飼い主にとっては「可愛い家族」ですが、他者にとっては「危険な獣」でもありうるということですね…。
    いい勉強になりました。